糖質オフでLife Change!

飲んでもいいお酒の真実!安心しても飲めるのは?

飲んでもいいお酒の真実!安心しても飲めるのは?

ダイエットの大敵、アルコール=お酒。

 

まず、お酒を飲むと太ると思ってらっしゃる方は多いと思います(そりゃそうだ)。
お酒は三大栄養素から見ると「糖質」に属しますから、高カロリーなのは間違いありません。

 

三大栄養素とは

 

ですが、飲んだからと言って必ずしも急激に血糖値が上がるとは限りません。
イコール、太るとは限りません。

 

食事と一緒でお酒の取捨選択が大事。お酒にも様々種類がありますが、
言わずもがな「糖質量」が含まれる量。糖質が多く含んでいるアルコールは
当然、血糖値を上げてしまいます=肥満の要因になります。それらを上手に
避けましょう

 

・糖質量が多いアルコール

ビール系 日本酒 果実酒(サワー等) 紹興酒 など

 

・糖質量が少ない・ゼロのアルコール

焼酎 ウィスキー ブランデー ウォッカ 蒸留酒系

 

 

ワインはおススメ

ワインは糖質を含みますが、適量でしたらおススメ。その理由として

 

・翌日の血糖値を下げてくれるらしい
・特に白ワインは、利尿作用があり、むくみを取ってダイエットに効果的

 

白ワインは、赤ワインと比較し糖質を含有量が少ないとされてます。かつ悪玉菌を
殺すので作用もあるので、いわゆる大腸がんの予防にも期待されています。
また、殺菌効果そのものも高いので、肌のトラブルにも有効です。
(もちろん、量には要注意です!)

 

 

エンプティーカロリーを知ろう

アルコール類全般に言えることが一つあって、カロリーは高い物のの、体内ですぐに
燃やされて蓄積されないので「エンプティ―カロリー」とも呼ばれてます。

 

やはり注目すべきは「おつまみ」になります。低糖質なものを上手に選んで糖質コントロール。
代表的なものとしては

 

・生ハム ・枝豆 ・チーズ ・脂質が少ないナッツ類 ・赤身の刺身
・鶏肉(ささみ等)

 

これらは糖質低め。お酒で発生するカロリーはおつまみでコントロール!
これさえすれば、少々の深酒はあり!(大丈夫!)

 

関連ページ

糖質とは?
そもそも糖質って何?役割は?食べ過ぎると脂肪に変わるの?パーソナルトレーナーからの視点で解説してみます。
糖質とは?
糖質とダイエットと血糖値。この三すくみは密接に関連してます。歯車ですから、どこかが「こける」とダイエットは上手く行きません。
糖質で太るメカニズム
糖質オフでどうして痩せるのか?・ダイエットが出来るのか?的な視点から、そのメカニズムをトレーナー視点で解説しています。
糖質オフで摂取カロリー・食べる量は気にしない
糖質コントロールすれば、摂取カロリー・量はさほど気にしなくてもダイエット出来ます。
糖質オフ食事なら「油」も気にしない
糖質オフのコントロールした食事なら、「油」の摂取もありですよ♪

トップページ 糖質とは? 糖質オフとダイエット 糖質オフ トレンドキーワード サイト内用語解説