糖質オフでLife Change!

糖質とは?

糖質とは?

健康やダイエットのためと、「高カロリーな食材」「高脂肪なお肉」を避けて、
野菜や魚、和食等を意識的に召し上がる方、意外にいらっしゃるのでは?

 

しかしそれだけでダイエットが上手くいくかというと、そうでもありません。

 

もちろん、否定するわけではありません。
短期的にみれば、体重も落ちる可能性が秘めています。
が、長期的にみれば、結果リバウンドが起こり、元に戻る!なんてことも。
物事なんでもそうですが、長期目線いたものが成功者。
なので、ライザップの短期的ダイエットは、長期的に見れば戻るかもしれませんね。。

 

 

と、話を戻しますが、「脂っぽいから避けよう」という心理から肉を食べずに、

 

「さっぱりしたそばや、うどんだけにしておこう」

 

なんて考えは、早くもダイエット失敗です。要は逆ですね。

 

 

炭水化物=糖質は脂肪の素

肥満の主な要因のひとつが、炭水化物の摂り過ぎ問題。
ごはんや麺類、そばは炭水化物。
この炭水化物に含まれるのが糖質。この糖質が太るんですね。

 

ちなみに炭水化物に含まれる要素・役割は2つ。

 

糖質

食物繊維

 

なので、食物繊維を抜いた分が糖質です。
糖質の役割は、ずばりいって身体を動かすエネルギー源。
車で言えばガソリン。ガソリンが無ければ、車は動きません。
同様に、糖質が枯渇したら日常生活における動作が極端に落ちます。

 

が、摂りすぎた糖質は当然エネルギーとしては使われず「脂肪」として
身体に蓄積・蓄えてしまいます
これが太る要因です。

 

 

糖質はすばやく使えるエネルギー源

糖質は、体内に入ると消化・吸収されて血液中に「ブドウ糖」に
変化し、その血液と一緒に全身を巡ります。
その他、肝臓や筋肉に「グリコーゲン」として貯蔵されます。
量としては、少量とされていて、摂りすぎると脂肪として蓄積されて
しまんですね。これがネガティブな特長。

 

一方でポジティブな糖質の特長として素早くエネルギーエネルギー源
として使えるということ。
三大栄養素である「糖質」が「タンパク質」や「脂質」と決定的に違うのが
ここ。短時間の激しい運動は、糖質のエネルギーが主に使われています。
なので、仮に読んでらっしゃる貴方が運動をするとします。
お腹が空いた状態では上記の点から、非常にまずいわけです。
(まずい理由は、下記参照を)
ですから「おにぎり」や「バナナ」などで糖質を摂るのがベター。

 

 

ちなみに@

運動時のエネルギーとして使われる順番としては、

@糖質 Aタンパク質 B脂質

となります。糖質が枯渇すると、タンパク質からのエネルギーを使用する体内環境に。
タンパク質=筋肉を分解させて使用する。

 

筋肉が分解してしまうということは、非常にまずいです。なんでかというと
日常生活で行われているカロリー消費の大部分を担っているのが筋肉。
要は、基礎代謝量の源→詳しくは基礎代謝量ページでチェック

 

タンパク質からエネルギー源を得ようとする=筋肉が分解する=基礎代謝量が落ちる
=太りやすくなる

のロジックに陥ります。
なので、運動前については、糖質の適量摂取がおすすめとなります。

 

ちなみにA

三大栄養素である「糖質」「タンパク質」「脂質」の1gあたりの
カロリーは以下。

・糖質=4キロカロリー
・タンパク質=4キロカロリー
・脂質=9キロカロリー

脂質が一番カロリー量を持ってますし、食います。無くなりずらい理由の一つです。

 

糖質オフ トレンドキーワード




関連ページ

糖質とは?
糖質とダイエットと血糖値。この三すくみは密接に関連してます。歯車ですから、どこかが「こける」とダイエットは上手く行きません。
糖質で太るメカニズム
糖質オフでどうして痩せるのか?・ダイエットが出来るのか?的な視点から、そのメカニズムをトレーナー視点で解説しています。
糖質オフで摂取カロリー・食べる量は気にしない
糖質コントロールすれば、摂取カロリー・量はさほど気にしなくてもダイエット出来ます。
糖質オフ食事なら「油」も気にしない
糖質オフのコントロールした食事なら、「油」の摂取もありですよ♪

トップページ 糖質とは? 糖質オフとダイエット 糖質オフ トレンドキーワード サイト内用語解説