糖質オフでLife Change!

糖質オフ=若返り

糖質オフ=若返り

ダイエット・体作りをする上で大切な栄養素であるタンパク質。
脂肪燃焼の大部分を担う筋肉の源。いくらダイエットのために筋トレを頑張っていても
この量が足りていないと効果は引き出させません。
また、他にも肌や髪の毛、血管の弾力なども重要な役割を持っています。

 

一方で糖質。
これを摂り過ぎで血糖値が高い状態が続くと、余分なブドウ糖がタンパク質と結びつき
茶褐色した固い「AGE(終末糖化産生)」という物質を生成するようになります。
これがタンパク質の「糖化」と呼ばれる状態です。

 

ある種劣化したタンパク質である「AGE」が体内のあちこちに溜まると、フィジカル面・
身体機能を低下させてしまいます。パフォーマンスの低下、要は「老化」を進めると
言っても過言でないでしょう。

 

これまで老化の原因の一つとされてきた「酸化」よりもAGEの方が強力であると考えられて
います。糖化を防ぐ = アンチエイジングのカギとも言えそうです。

 

 

AGEってなに?

たとえば、肌のコラーゲンが糖化してAGEが発生すると、肌のハリや弾力が失われてたるみや
シワの要因となります。
血管内でAGEが作られてしまうと、動脈硬化を引き起こす原因にもなり、老化を早めてしまう
ことに。。。恐ろしい。。。

 

そして厄介なことにこのAGE、一度出来てしまうと「元に戻ることなく」体内に蓄積されてしまう
ところ。なので糖化状態は避けていかなければ、「動脈硬化」→「心筋梗塞」という負のスパイ
ラルに陥ることも考えられます。

 

 

AGEと調理方法

AGEは糖質とタンパク質が反応し合って出来るため、両方の食材を加熱すると「大量」に増えて
しまうという傾向があります。

 

例えば、今原宿や表参道に行けば、長蛇の列をなしているパンケーキ屋さんのパンケーキ。
これを焼くと表面にいかにも美味しそうな焼き色がつきます。実はこの焼き色面こそが「AGE」。
焼き色で言えば、「焼きおにぎり」「朝のトースト」もやはりそう。なので、本来はこれらは避けるべき
食材ではあります。

 

AGEの量自体は調理方法でコントロール可能と言われています。
なるべき「生のまま」か、もしくは「100°以下」で「茹でる・蒸す・煮る」といった方法・テクニックとして
実施がおススメな調理法です。

関連ページ

糖質とは?
そもそも糖質って何?役割は?食べ過ぎると脂肪に変わるの?パーソナルトレーナーからの視点で解説してみます。
糖質とは?
糖質とダイエットと血糖値。この三すくみは密接に関連してます。歯車ですから、どこかが「こける」とダイエットは上手く行きません。
糖質で太るメカニズム
糖質オフでどうして痩せるのか?・ダイエットが出来るのか?的な視点から、そのメカニズムをトレーナー視点で解説しています。
糖質オフで摂取カロリー・食べる量は気にしない
糖質コントロールすれば、摂取カロリー・量はさほど気にしなくてもダイエット出来ます。
糖質オフ食事なら「油」も気にしない
糖質オフのコントロールした食事なら、「油」の摂取もありですよ♪
飲んでもいいお酒の真実!安心しても飲めるのは?
ダイエットの大敵「アルコール」。飲んでも大丈夫、飲んだらNG、それぞれまとめてみます。

トップページ 糖質とは? 糖質オフとダイエット 糖質オフ トレンドキーワード サイト内用語解説